Home > 新着情報 > 鳥取ブロック協議会 鳥取・島根合同開催 合区討論会の開催

鳥取ブロック協議会 鳥取・島根合同開催 合区討論会の開催

2016.6.13

6月12日(日)に米子市公会堂をメイン会場に江津、鳥取でもサテライト会場を設け鳥取・島根合同開催での合区討論会が開催されました。

公開討論会の開催前に鳥取ブロック協議会 鳥取のちから委員会 松井委員長より東北の震災を忘れない為に

未来へつなぐプロジェクト~音楽のちから~と題して米子北斗中学校・高等学校の音楽部の生徒さんが合唱されました。

 

その後、鳥取ブロック協議会 木村会長より開催の挨拶を行い

第1部 「なぜ一票の格差に問題があるのか?」をテーマに島根県で弁護士をされておられる佐藤力 氏による講演会がおこなわれました。

弁護士の方とは思えないほど難しい表現を省いた、若者にも分かりやすい表現で丁寧になぜ一票の格差が生まれたのか、一票の格差が必要なのかを自身で考えさせられる内容となっていました。

 

第2部では国立米子工業高等専門学校の准教授 加藤博和 氏がコーディネートを務め、公開討論会が開催されました。

公開討論会終了後に高校生を対象に模擬選挙が開催されました。